多文化共生社会はありえるのか?

言語学の立場から文化を考えると,多文化社会だろうが多文化共生社会だろうが論理的にはあり得ない。 なぜなら,文化を社会・歴史・気候・風土と切り離して論じることができない以上,他国に上陸した瞬間から変容していくのが自然なことである。 カナダも多文化主義を標榜する国の一つであるが,それは多文化主義という甘い響きで過去の自分たちの 歴史の過ちを覆いつくしてしまおうとした政治的な印象を受ける。

2000年から1年間バンクーバーに住む機会を得た。それ以来,バンクーバーにあるサイモン・フレイザー大学(SFU)の客員教授として 7年間ほど日本との間を行き来していた関係でカナダの多文化主義と継承語1教育に興味を持ってきた。 SFUのあるブリティシュコロンビア州は移民の制限をしていない州である。 したがって,SFUのイギリス系カナダ人の教員は,「カナダは移民やマイノリティグループに寛大でいろいろな文化が共存する中でお互いが学びあい, それが我々の発展の新しい原動力を生み出す大きなエネルギーになっている」というカナダの多文化主義を標榜している人達が多い。 しかし,住んでみるとどうもマイノリティグループや移民に対して寛大な社会だとは思われない。 メイン・ヘイスティングという交差点付近には少なくても100人以上のホームレスがたむろしている。 2010年2月に行われた冬季オリンピックの際はホームレスをどこに隠すかを検討,荒廃した付近の建物を急ピッチでリフォームした。 このことが移民やマイノリティグループを不当に扱っていることにはならないが,同じ人間をあのまま放置していていいのかという疑問が残った。

カナダにあるカルガリー大学(アルバータ州)とSFU(ブリティシュコロンビア州)は北海道教育大学の協定校であり, 学生交流を15年以上にわたって行ってきている.私の研究室に両大学の教員養成プログラムの学生が2カ月ずつ所属して教育実習を行ったことがある。 2人とも中国系カナダ人でカナダに移住してから3代目であった.ところが,2人とも中国語は全く話せず完全な英語話者であった。 この二人の言語の選択の仕方は,私にとっては衝撃的な事実であった.通常,歴史的にも国を越えても自分たちの子供たちに二つあるいはそれ以上 の言語を身につけることに腐心してきたはずである。それが,子どもたちの幸せに通じると親は考えたからである。 ところが,この二人にとっては,中国語と英語の両言語を話せることは決して本人に有利なことではないと考えたのである。 つまり,継承語に対する社会的な差別が存在していることを証明している。Cumminns & Danesi(翻訳本1995, pp25-26)は, 「国策として全国的に多文化教育が学校教育の中に導入されたにもかかわらず,制度上の差別が残存するため,生徒が継承語の力を伸ばす機会が妨げられている」 と制度上の差別を助長する社会機構を次のようにあげている。

●ある州(例:オンタリオ州)では,継承語を授業の媒介語として使うことが法律で禁止されている。
●継承語教育を通常の学校の授業時間内に教えることへの法的制約がある。
●マイノリティ言語の児童・生徒の二言語使用や言語習得が,教育学部の教職課程や教育相談員が履修する大学院コースで取り上げらていない。その結果,差別を助長する間違った考えが蔓延している。たとえば,家庭では英語をなるべく使うようにとマイノリティ言語の親に学校教師がアドバイスしたりする。

まさに,私のところにきたカナダの中国系学生の例がこの実態を証明している。

この差別構造は,マイノリティ言語を母語とする児童・生徒の言語の発達に対する次のような誤解を与えているとCumminns & Danesi(翻訳本1995, pp25-26)は言っている。

●二言語使用はマイノリティ言語の児童・生徒の教育上,マイナスの影響を与える。
●家庭で継承語を使用することは,英語習得と学力全体の向上の妨げとなる。

等などである。

以上のような実態があるにもかかわらず,イギリス系カナダ人やフランス系カナダ人は,アメリカと違ってカナダは移民や異文化に対して寛大であると思っている。 しかし,事実は違っている。アメリカやイギリス・オーストラリアなどと同様にカナダにも先住民・黒人・アジア人に対して差別をしてきた歴史がある。 Cumminns & Danesi(翻訳本1995, pp25-26)は,「第二次大戦後,イギリスとの結びつきが徐々に弱まり,大英帝国の事実上の消滅に伴って, どの程度カナダ人がアメリカ人と違ったアイデンティティを持っているかが不明瞭になった。トロパーによれば“多文化主義”がそのアイデンティティの空洞を埋め, その過程において移民への過去の扱いが神話化された」のだと言っている。

そもそも多文化主義に対する定義は専門家の間でも定かではないが,その言葉には,罪深さが感じられる。私は,カナダを批判するつもりはない。 少なくとも,私が住んでいたバンクーバーは大好きな街であり,私を受け入れてくれたSFUには心から感謝している。 そうではなく,カナダの多文化主義の標榜は,多くの政治的スローガンに大義名分を与え人種の偏見の流れを覆い隠してきた罪深さに私の友人たちもそろそろ気が付くべきだと思うのである。

2009年9月14日から9月19日までの日程で,ベトナムに行く機会を得た。フエ教育大学との国際交流協定と日越学長会議に出席する学長に随伴するためだった。 日越学長会議では,ベトナム人の勤勉さと向上心の高さが多くの出席者から発表された。その中に気になったコメントがあった。 それは,「ベトナムには日本人が忘れたり失ったりしたものがある」というコメントだった。それは本当だろうか。 確かにベトナムは日本の昭和30年代から40年代にかけての成長期に姿に似ているとも受け止められる。 しかし,ベトナムにその評価を下すのは日本人の傲慢さからきているような気がする。「ベトナムには日本人が忘れたり失ったりしたものがある」とは, ベトナムの勤勉さと向上心の高さを褒め称えた言葉であるとは思うのだが,所詮,上から目線である感じがする。

我々は,ある国の文化や国力はその国が自然発生的に得たものであり,よく言われる文化相対主義の立場で一つの国の文化を見ていかなければならない。 それを「日本が既に失ったものをベトナムにある」と考えるのはベトナムをほめていることにはならない。ベトナムの後進性をノスタルジックに評価しているだけである。

フエやハノイでのバイクの量は生半可なものではない。成人すると必ずバイクを取得する。ハノイでは,一説によると500万人の人口に300万台のバイクがあると言われている。 ラッシュアワーの時間になると,湧き出てくるようにバイクが走る。バイクは,戸口から戸口に移動でき,細い道からスペースの狭い家に駐車したり保管できる。 バイクはベトナムでは必需品であり,生活の必要性の中から生まれてきたものである。このバイクであふれかえっている姿を見て,ある大学の教授が電車や地下鉄で大量輸送する交通網の整備が必要だと言った。 ほんとにそうなのだろうか。ベトナム人にとってバイクの方が生活にぴったりと合った便利な乗り物だから,爆発的に増えたのだと思う。バイクが安価だからベトナムの中で増えたわけではない。 お金があれば全員が車を所有するのだろうか。私には到底そうだとは思われない。我々が大使館に向かう途中の車中で渋滞に巻き込まれた時,うちの学長が面白いことを言った。 「車がなければ,バイクだけで渋滞が起きないのではないだろうか」と言った。その通りであった。バイクでびっしり埋まった道路に車が走ることで渋滞を生み出していることは確かだった。

バイクでの生活がベトナムが生み出した文化だとすれば,車は諸外国から無理やり入り込んできたものである。もちろん,バイクも日本からベトナムに入り込んだものではあるがベトナムの生活と見事に結びついた。 しかし,車は他人の家に勝手に土足で入り込んだようなものである。もちろん,我々がベトナムに行ったらこの車なしでは移動できないことも確かである。

つまり,異文化同士は融合していく宿命にあるが,共存していく状態は不可能である。なぜなら,Aという文化はBというコミュニティなり国でのみ存在していくのであるが, Aという文化がCというコミュニティや国では独立して存在していくことなど不可能なのである。 なぜなら,文化はそれを育てた土壌や国民と切り離して存在することなどありえないからである。Aという文化を携えて移住する人は,Cという土壌や社会そこに住む人たちと交わることで, 自分で意識しなくても変わっていかざるをえない。Fという文化を持つ国に,A文化・D文化・E文化を持つ人たちが移住して行ったとして,人口比がほぼ同じ状態になったとしても, A文化・D文化・E文化をはぐくんだ社会から離れた文化や人は変わらざるを得ない。それがどういう形になるかは,その時の政治状況や経済状況や年齢比などいろいろな条件で決定されてくるが, F文化も変わりながら,A文化・D文化・E文化は融合して新しい文化が生まれてくることはあっても,F文化・A文化・D文化・E文化が共存することはあり得ない。

註1.継承語(heritagelanguage)は,先住民とイヌイットの言語とカナダの公用語である英語とフランス語以外の言語を指す(『カナダの継承後教育 多文化・多言語主義を』より)

<参考文献> Cummins, J. and Danesi, M. (2005) 『カナダの継承後教育 多文化・多言語主義を』目指して』中島和子,高垣俊之訳(株)明石書店


  


 


2011/3/1

▲ページTOPへ